読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なおやが3日に1回書くブログ

ツイッター@naoya_2288 「ツイッターに書くには長いけどブログに頑張ってまとめる程でもないな」という話をノンジャンルではてなに書きます。

このサイトの札幌ラーメン屋情報がガチ過ぎるので、Jリーグサポーターは参考にして欲しい話。

オイ!J1の他サポ!どーせあんた達、「コンサドーレなんて1年で落ちるんだからこの機会に札幌まで足伸ばしてアウェイ旅楽しむぞ」とか思ってるんでしょう!思ってるんでしょう!

………嘘でもいいからそんなことないよって言えよバカ!。゚(゚´Д`゚)゚。

寝首を狩ってやる……….ガルルルル_(´ཀ`」 ∠)

 

さて。何でもいいですけど、J1様のサポーターが札幌に来て必ず言う事、僕知ってるんです。『美味い飯屋教えてくれ!』でしょ?

わざわざ飛行機代2〜3万円かけて札幌まで来てくれるからには、街を存分に楽しんで帰ってもらいたいなぁとは思う訳です。かくいう僕も、知り合いの他サポ数名から既に同様の質問をされまして。

 

何か良い情報が載ってるサイト無いかなーと探したら、ガチガチに美味いラーメン屋を特集しているページを発見しました。

なので、今回はそれをご紹介しようと思います(*´꒳`*)

勿論、札幌に帰ってくるアウェイ札幌サポにも、最近のお店の参考にしてほしいっす✌︎('ω')✌︎

f:id:naoya_160:20170307060903j:image

 

 

 

そのページがこちら。

f:id:naoya_160:20170307051955j:image

信頼ポイント❶

筆者である Kazunori Kamiya さんは年間800杯以上食べるラーメン好きな方だそうで。

他にも各地域の美味しいラーメン情報を掲載しています。

年間800杯ってことは一杯平均750円として、年間60万円(交通費諸経費別)をラーメンにぶっ込んでいる事になります。こいつマジか。

Jリーグのサポーターなんて年間4万円くらいのシーズンチケットで高い高い言ってるのに!!!!

我々なんてペラッペラのユニフォーム精々2万円で高い高い言ってるのに!!!!

と、とんでもない課金ユーザーだぜ……。

 

信頼ポイント❷

体重約100キロ、美味い飯を食うことが生きがい、口癖は「腹減ったでブー」な巨漢系札幌サポーターの僕が『ガチガチにオススメ出来るラーメン屋』が幾多も掲載されてるんです!

友達を誘ってラーメン屋行くならここだな、とか。

丁度昼時に●●区に居るからあの店まで足を伸ばそう、とか。

夕方の地元のワイドショーで美味いラーメン屋特集やってた時にこの店紹介されてたな、とか。

目次を読みながら「あーあの店知ってる!」「あの店紹介してるなら他の店の情報も大丈夫っしょ」と思いました( ̄∀ ̄)

 

信頼ポイント❸

このページ、変なランキング付けをしてないんです!

1〜50番まで形式的に番号を振っていますが、特にランキングとか言うことではないらしく。地域や味もバラバラ。ベスト50を淡々と掲載しているだけなのです。これが素晴らしい。

結局美味しいかどうかなんてハッキリ言って主観な訳で。テレビや雑誌みたく、安易にランキング付けして視聴者増やす必要は無いはずなんですよね。ネットなんて。

「とりあえず美味い店50個に絞りました!」

「こいつら全部美味いです!」

「どれが一番美味い?お前の好み次第だろ!」

「全部当たりだから!」

「いいから行ってこい」

選択を我々に丸投げしてくれるのです。これはありがたい!

まさに街全体が大きなスタジアムグルメの状態。よりどりみどりなのだ!そう、我々コンサドーレのスタグルは、Jリーグ最大規模なんです!

これで、札幌ドームのスタグルがアレな言い訳になりますね(*´꒳`*)ほっこり

 

 

 

 

ということで、もし札幌までアウェイ遠征される方、又は遠征民が近くにいる方は、美味しいラーメン屋情報を是非こちらのページで手に入れてみてください。

僕も全て行ったことがある訳ではありませんが、行ったことある店は自信を持ってオススメ出来ます。

 

2017年も良いJリーグライフを!

 

 

★紹介したページへのリンクはこちら

年間800杯食べるマニアが厳選!北海道・札幌の「なまら旨い人気ラーメン」BEST50

年間800杯食べるマニアが厳選!北海道・札幌の「なまら旨い人気ラーメン」BEST50 | RETRIP[リトリップ]

ワイ「ククク……根菜と白菜と豚肉を鍋に入れ、味噌を溶いてやろう……。」

みんな「や、やめろ!」

みんな「それ以上言うな!」

ワイ「ククク……まだまだ寒い冬の北海道に住むお前達の身体を温めてやるぞ……」

みんな「ぐわああああ!(美味しくて芯までポカポカー」

 f:id:naoya_160:20170305223618p:image

 

 

札幌の街で生まれ育って来た僕。子供の頃、近所の公園でPTAの方々が雪遊び行事を毎年企画してくれまして。

お昼に出してくれた、炊き出しの豚汁が大好きでした。

 

デッッッカイ鍋に入れられて。家から持って来たどんぶりを手渡すと、大きなおたまでドーンと注いでくれて。お母さんが握ってくれたおにぎり(冷えないようカイロに添えて弁当袋に入れてくれている)と一緒に食べるのが、最高に美味かった。

 

北海道に住んでいると、度々冬の炊き出しで豚汁が出てくることが多いように思います。ガツンと効いたしょっぱめの味噌味に、根菜類が沢山入っていて。冷え切った身体を内側から温めてくれました。

スキーウェアで雪の上に座り、友達とワイワイ食べたのは最早一生の思い出です。

f:id:naoya_160:20170305223640j:image

 

 

そして成長した僕。あの時の豚汁が大好きで、得意料理になりました!

色々試したのですが、やっぱりこの作り方が簡単でかつ美味しいので、今日はそれをブログにしたいと思います!

みんなで豚汁作ろうぜ!今晩は豚汁ダッ!!✌︎('ω')✌︎

 

因みに「とんじる」ではありません。「ぶたじる」です。(キッパリ

 

 

食材٩( ᐛ )و

〜最初から入れるやーつ〜

・ごぼう

・白菜

・にんじん

・じゃがいも(僕は煮崩れする男爵系がむしろ好き

・こんにゃく

・大根

 

〜途中で入れるやーつ〜

・豚バラ肉

・ネギ

 

〜調味料のやーつ〜

・味噌(我が家は白味噌)

・しょうゆ

 

はいこれだけ!

料理が下手な人でもそれなりに美味しく作れるのでオススメです!

 

 

作り方✌︎('ω')✌︎

①野菜は火が通りやすいように切っておきます。

「●● 野菜 汁物 切り方」とかで検索すればそれぞれの野菜をどんな切り方で切ればいいのかわかるのでそれで切ってください(丸投げ。

 

②鍋に〜最初からいれるやーつ〜を投入し、ひたひたになるくらいお水を注ぎ、火にかけます。

野菜は水から煮ます!ᕦ(ò_óˇ)ᕤこれポイント。

「本当にこれでいいの?」と思っている方!僕のやり方は08年に放送されたためしてガッテン流のほぼパクリなんで安心してください!

それでも美味しくなかったらNHKが悪いので僕は悪くありません!

 

③野菜に火が完全に通る前に、味噌を半分入れます。

ここで野菜に味噌の味を染み込ませるらしいです。ガッテンが言ってました。

これポイントらしいです。ガッテンが言ってました。

ガッテンはNHKの番組だから情報の信ぴょう性は高いと思いますよ!^^

 

④味噌を入れ終わったら豚肉を投入

豚肉を湯通しするとアクが抜けたりとか色々あるらしいんですが、我が家は面倒くさいのでアクとか知りません!

ボーンと入れて放っておきます!!!

気になるなら⑤の直前にちょっと取ればいいっしょ!アルミホイル使って取るとやりやすいぞ!

 

⑤味噌の残り半分と、お醤油で味を整える。最後にネギ投入。

ガッテンでは味噌を入れるだけなのですが、我が家はお醤油を隠し味程度に入れます。

絶対お醤油入れた方が美味しい(と思う)ので、オススメですᕦ(ò_óˇ)ᕤ

 

完☆成

f:id:naoya_160:20170305224038j:image

 

 

因みに我が家では結構デカイ鍋で作りますので、一回で大量に作ります!

3〜4日間豚汁が飲めます!

美味しいからヘーキヘーキ。

 

毎晩結構デカめのどんぶりに注ぎます。

汁物はお腹が膨らむので食べ過ぎ防止にもなるし、ガッテン流だと油とか使わないのでヘルシー。野菜もいっぱい食べれます。

 

「作り方でこの部分がわからないんだけど〜」という人は、『ガッテン 豚汁 作り方』で検索でもしてください。僕に聞かないでください。

ためしてガッテンだから安心だね!NHKだし!



 

 

豚汁は個人的にも思い出のある料理だし、このガッテン流の作り方を知ってからは簡単に作れて美味しいので重宝しているメニューです。

3月はまだまだ寒いので、是非このやり方で豚汁作って食べてみてください!

 

うまいよっ✌︎('ω')✌︎

『みよしの』に潜む危険な罠について語る。

僕はみよしのが好きだ。

 

餃子とカレーのおいしい関係

札幌を中心に北海道ローカルの飲食チェーン店として愛されている。

パリッとして味がとても美味しい餃子と、相性バッチリなカレー。

 

そう

それがみよしのである。

f:id:naoya_160:20170228080557j:image

 

 

 

王将という黒船が内地から襲来した時も、「やっぱりみよしのの方が餃子美味いよね?」と道民に支持されて、気づいたらむしろ店舗数が増えていた。

帰る時にはレジの横に飴(昔はガム)が置いてあり、エチケット的なところも優しい。

店内は総じて清潔に保たれており、女性や家族客にも優しい。

 

 

そう

それがみよしのである。

f:id:naoya_160:20170228080557j:image

 

 

みよしのの売りは、餃子とカレー。餃子と、カレーなのである。

甘口と辛口を選ぶことが出来て、細かく刻んだ野菜とじっくり煮込まれたルーが美味い。

テーブルには酢、醤油、ラー油が置いてあり、好きな量を混ぜてタレを作って食べる。しかし通になると、餃子を箸で摘み、カレーのルーをどっぷりと付けて食べる。これだ。これなのだ。

中には大きめに盛り付けられたカレーの皿に、直接餃子が乗っかっちゃってて、完全にミックスされて出てくるメニューもある程だ。

定食メニュー用に、一口カレーなるサイドメニューもあり、100円で小鉢に入ったカレールーを味わえる。

 

食べ飽きせず、また食べたくなる、餃子とカレー。

 

そう

それがみよしのである。

f:id:naoya_160:20170228080557j:image

 

 

そろそろお気づきだろう。僕がさっきから載せている写真が同じものであると。

そして

カレーが一切出てこない事を

 

このメニューはジャンボ定食。

味噌汁、ごはん大、おしんこ(おかわり自由)、そして何より餃子が18個も付いてくる。

お値段は確か、750円くらい。

ラーメン一杯食べるのと同じか、少し安いくらいの値段で、お腹いっぱい餃子を食べさせてくれる。

正直に言おう。僕はこの、ジャンボ定食の魅力に勝てないのだ。

 

餃子とカレーの美味しい関係についてブログが書きたいのに、僕が注文するのはいつもいつも、ジャンボ定食、である。

食べ飽きせず、胃もたれもせず、美味い美味い餃子。一つでも多く食べたいあの餃子。そんな気分に苛まれた私は、目の焦点がジャンボ定食に吸い込まれてしまうのだ。

 

結果、

f:id:naoya_160:20170228082506j:image

ジャンボ定食

 

 

 

いや、今日はみよしののカレーが食べたい気分なのだ。餃子とカレーを天秤にかけたら、カレーに傾く気分なのだ。

だからみよしのセットにしよう。お盆にのせられて運ばれてくる、大皿に乗ったカレーと、奥の皿に乗せられた餃子。関係性は対等、いやむしろ、カレーの方が強いのではないか。

むしろカレーが食べたい、という今日の胃袋にはピッタリのメニューではないか。よし、今日はみよしのセットにしよう!

 

結果、

f:id:naoya_160:20170228082506j:image

ジャンボ定食

 

 

 

違うのだ!今日こそはカレーなのだ!先日はジャンボの誘惑に負けて気づいたら餃子をガツガツと18個も食べてしまったのだが、やはりカレーと絡めたい。

いやむしろカレー!久しく食べていない、あのみよしのの美味しい美味しいカレーが食べたいのだ!

そうだ、みよしのカレーが食べたい!

カレーカレー!カレーカレーカレー!

 

結果、

f:id:naoya_160:20170228082506j:image

ジャンボ定食

 

 

f:id:naoya_160:20170228083443j:image

餃子18個

 

f:id:naoya_160:20170228083456j:image

餃子18個

 

 

 

 

タレに飽きたら、コショウに付けて食べても美味しいです。

美味しい餃子と美味しいお米をたらふく食えるジャンボ定食。今晩ぜひ。

 

※3/15〜20に伊勢丹 新宿店で食べれるらしいので関東の方も✌︎('ω')✌︎

みよしの公式HP

ぎょうざとカレーなら「みよしの」

2017/02/25にコンサドーレの開幕戦PVへ行ってきた話。

f:id:naoya_160:20170227204426j:imagef:id:naoya_160:20170227204435j:image

試合には負けたけど結構楽しいことが色々ありましたとさ。

 

 

 

【12時 札幌ドーム近隣に集合】

友人4人で待ち合わせ。

12時の開場時間を狙ってドームへ。

 

なんとこの日は入場料無料!席自由!\( 'ω')/

メイン側の座席を開放していたので、普段は絶対座れないお高い席へ一直線!

みんな同じ狙いなのか、続々と席が埋まっていく。急げ急げ〜。

f:id:naoya_160:20170227204641j:image

ふかふか!ふかふかなのです!

 

f:id:naoya_160:20170227204651j:image

折りたたみテーブル付き!凄い!

おかげさまでもつ煮込み丼の、もつ汁を溢さずに白飯と合体させることができました。感謝!

 

 

イベントの開始を待っていると……。

f:id:naoya_160:20170227204657j:image

ドーレくんが目の前の通路から登場!

愛想を振りまいてくれたぞ。かわいい!

まじ可愛い!

エスポラーダのこの人も少しはドーレくんを見習えばいいと思います!

f:id:naoya_160:20170228073523j:image

 

ドーレくんを目で追っていると、黄色い声援を浴びながら階段を上り下り。真面目に楽しくお仕事をする姿に感動(๑╹ω╹๑ )

すると疲れたのか、階段でおっちゃんこして休んでいるのです!むむむっシャッターチャンス!

f:id:naoya_160:20170227204954j:image

ぼく「ドーレくんwww通路で座っちゃダメだよwww」

ぼく「ツイッターに載せて炎上させよww」

ドーレくん「バサバサ!」

職員のお姉さん「やめてww」

 

そして載せる僕。

f:id:naoya_160:20170228072244p:image

まさかの87RT 123いいねwww

ドーレくんが裏に引っ込む為に席の前を横切った時、職員のお姉さんから「なおやさん……載せましたね……」「しかも結構拡散されてるし……」と言われて、心臓震えたよね←

(多分冗談だからセーフ)

 

 

 

【14時 試合開始】

f:id:naoya_160:20170228072511j:image

映像は、この日中継してくれていたNHK北海道のものを使用。質としてもコネクション的にもDAZNじゃなくてコチラを選択するよね。そりゃそーだ。

始まってすぐ、画面の小ささに困惑する。特にカメラが引いてピッチの全体を写している時にボールがどこにあるのか、相当目を凝らさないと見れなかった。コレ、お年寄りには特に厳しかったんじゃないかなぁ。

 

良い位置でフリーキックを得たり、コーナーキックを得たりすると、自然発生的に手拍子が起こる。これはドームでやったからこそ発生した事かな。建物や屋外だとみんな遠慮しちゃうからね。

ほんと、プレーに大きな声で反応しても気にならないし、一挙手一投足に場内から歓声が湧いてとても楽しかった。これだけで開幕感があった。

 

試合の方は粘りながらも残念ながら0-1で敗戦。中継が相手の監督インタビューになった所で、スタジアムDJ席へカメラが切り替わったのが、なんか、ホーム感あって良かったです\( 'ω')/笑

 

試合はアレだったけど企画自体は楽しくて。直前で決まったイベントだったけど、突貫工事の中、職員の方々のおかげで楽しめました。良い席で観れた事もあり、「無料でいいのかな?!千円くらいならカンパ出しますよ!」って思ったww

顔見知りのサポーターやCVSの方々にご挨拶できて、とっても実りのある休日を過ごさせてもらいました。ホーム開幕戦3.11がとっても楽しみになった\( 'ω')/

勢い投稿マンも気を付けないといけないな......と思ったので勢いで投稿してみた。

3日に1回と言いつつ全然投稿してないやんけ!

でも適当な文はかけないしなぁ、、、と思っていたところに相反する2つの投稿を見かけました。

 

 

やっぱり毎日(とは言えないけど3日に一度は)投稿しよう!と心に決めて。

こちらの記事。

 

wedge.ismedia.jp

先日、「中国人が新千歳空港で大騒ぎしている!」とネットで話題になった件の詳細を取材調査した方が書いた記事。

どこまで本当なのかわかりませんが、大変考えさせられる内容でした。

 

新千歳空港国際線の設備が混乱時に対応できるようになっていない、以前から注文はあったものの改善がまだされていないこと。

・中国の航空会社でも対応の良し悪しがある、国営企業特有の対応の悪い会社があること。

そして何より

・ネットの投稿や記事に脊髄反射しないこと

が大切だなと思いました。

 

ただ、その一方で「思ったこと・考えたことを相手に伝える能力を養う」ことは必要で。それを養うためにはてなブログを運用しています。

この2つを読んで、思ったこと。

ツイッターでもブログでも、書く内容、取り上げるテーマは十分に選定しないといけないなと。。。

勢いでネットに投稿してしまう人間なので、自戒を込めて、、、(´・ω・`)

「入ってないけどゴールな!」中国人レフリーがなぜかチャイナドラゴンに一点取らせた事に関して考えた話。

「俺がルールブックだ!」(どーん)

昨日行われた、アイスホッケーアジアリーグ 日本製紙クレインズvsチャイナドラゴン@釧路アイスアリーナ の試合で疑惑のゴールっぽいのが生まれたそうなので、そこで思いついた考察です。

実際のところ本当に入ってなかったのかは、僕現地にも行ってないしツイキャスの録画を見ただけなので、全然知らないのです。(※追加あり)あくまで「『入っていないけどゴール認定した』ということが事実なのだとしたら」「なんでそんなことしちゃったのか」考えた話です。そこだけあしからず。

twitcasting.tv

問題の場面は32:50から。

 

 

中国ではスポーツの試合をスコアレスで終わらせることが「よくないこと」であるとされている可能性がある。

僕は学生時代に卓球をやっていて、ちょくちょくテレビで中継されている五輪や世界選手権を見てきました。

卓球では、国際試合だと1セット11点先取、4セット先取したほうが勝利となります。ある時に知ったのですが、どうやら中国では「セットを11-0で勝ってしまう」事がよくないこととされているそうなのです。

理由は、中国が相手のメンツを重んじる国であるから。中国の考え方では、11-0では相手選手の顔をつぶす行為なのだそうです。

なので、中国人同士の試合では勝っている選手が9-0や10-0になるとわざとサーブで放り上げたボールをその場に落として、相手に1点を献上します。

(中国でのプレー経験が豊富で中国語もペラペラな福原愛が、以前取材で「以前は何とも思わなかったけど、中国でプレーするうちに考え方が変わった」「11-0だと相手に悪い気持ちになる」みたいなこと答えてました。)

で、僕は卓球しか知らないのでわからないんですが、卓球は中国の超人気スポーツで「卓球をやっているだけで尊敬される」「中国で運動神経のいい奴は卓球をやる」みたいな感じなので、国全体のスポーツ文化に影響を与えている可能性があるとも言えるんじゃないかなーと思います。

 

中国人レフリーの気持ちになって考えよう

「試合終盤で0-6!チャイナボロ負けしてる!」

「これはよくない!メンツつぶし!日本製紙は鬼!悪魔!」

≪シュートがポスト直撃≫

「入った!!!はいこれ入ったよ!」

「ポスト?何言ってんだ!俺はこの目で見た!」

「こんな近いところから見たんだぞ!」

「一番近くで見ていたレフリーが入ったって言ってるんだ!」

「ランプ点いてなくてもゴールなのーっ!入ったのーっ!」

≪協議≫

「入った入った!入りました!見たもの!この目で!」

「リンク上で俺が一番近いんだぞ!」

「後ろのボックスから見た人間がジャッジなんかできるか!」

「ゴール!ゴールです!」

「なんだよ!6点取ってるんだからいいだろ!」

「今更1点入っても変わらねーよ!」

「別にいいじゃん!」

日本製紙の鬼!悪魔!」

「ゴール!ゴール!ゴーーール!」

「ゴール!ゴール!ゴーーール!」

 

国際試合名物"ナゾ判定"をホームで恒常的に楽しめる、それが多国籍リーグ『アジアリーグ

審判のジャッジとどう向き合い、落としどころを受け入れるかって、やっている選手だけじゃなく観戦者にも求められると思うんです。

プレイヤーは直ぐ次のプレーをしなければいけないので、頭の片隅にあっても直ぐにそのことは忘れて次に没頭できる。でも観戦者は「なんだよあのジャッジ!」「嘘でしょ?」と何度でも反芻してしまう。リプレイを見て、やっぱり違うじゃないかおい訂正しろ、と思っちゃう。

特に、国際試合って、本当に何が起こるかわからない。

サッカーでは「ええええええそれがPK?」「なんなんすかこれ(CV松木安太郎」「ロスタイムは6分......6分?!」「ふざけたロスタイムですね(CV松木安太郎

野球では「はああああああ?これがアウト?」「離塁が早かったっつってんだろ(CVボブ・デービッドソン」「ええええええ!ホームランだろ!」「入ってないっつってんだろ(CVボブ」「ボールにペンキついてるし」「入ってないつってんだろ(CVボブ」

ましてや、『スポーツは政治と無縁だ』と謳いつつも、やはりスポーツを面白くするのはナショナリズムだったりしちゃう。厄介ですね。

 

もうね、スポーツ見てたらクソ理不尽なジャッジが発生しちゃうのって、しょうがないと思うんですよ。僕はね。

特にアジアリーグは中国・韓国・サハリンと試合を組んじゃってるから、リーグ戦をしていたら試合数も多いからクソ理不尽の発生確率は高まっている訳ですよ。

 

で、僕はこういうときに沸騰した頭を冷やすために反芻することがあるのです。クソ理不尽への一番の敗北は「勝った試合を心の底から楽しめないこと」だと思うのです。

好きなチームを応援したって仕事に役立つことなんてない。交通費に金がかかる。ファンクラブに金がかかる。無償の愛を提供するだけ。わざわざクソ寒い日に、クソ寒いスケートリンクへ足を運び、世間的には人気のない『スポーツ観戦』というジャンルに興じる。

「ホームで勝った」。そんな人種"サポーター"として、これ以上に楽しいことがあるでしょうか。

だから、もやもやしちゃうのはしょうがないけれど、起こったことはしょうがないとして、「でもいいじゃん!!!!!!!!!!!勝ったし!!!!!!!!!!」って能天気に喜ぶのもいいんじゃないかなと思うのです。

「これはクソジャッジだ!」「いや、あの時のジャッジもクソだったぞ」「あれもクソだったなぁ」「その話好き」みたいな感じで醸造した話を聴くのも僕は好きだったりします。えっ、なにそれ面白い!って所まで作り上げれば、むしろファンじゃない人にも興味を持ってもらえるかもしれないですよね。

「入ったの?入ってないの?」ってアヤは最後についちゃったけれど、勝ちは勝ち。モヤモヤしないで、気兼ねなく喜んでビール飲みましょうっ(`・ω・´)

 

ん?「いや、試合後の飲み会でモヤモヤしたのは、ジャッジじゃなくて薄味のプレーしてたクレインズのせい」だって?

それはクソですわ。。。(小声)

 

おしまい。

 

※8日10:35追記

ツイッターでご指摘いただいたのですが、アイスホッケーのルール上、「要件を満たせばゴールに入っていなくても審判の裁量で認定ゴールを与える事が出来る」そうです。僕はこのルールを知らなかったのですが、もし知っていたらもう少し書き方変わっていたな……と。

(まあ、今回のケースがその要件を満たしている様には見えないのですが……笑)

教えていただいたみなさん、また一つ勉強になりました。本当にありがとうございましたm(_ _)m

 

※8日16:25追記

後でビデオ確認したらちゃんと入ってたそうです。

彡(゚)(゚)さすがレフリーやで!

彡(゚)(゚)ワイは信じてた!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

全部忘れてください。

 

f:id:naoya_160:20170108115255j:image