読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なおやが3日に1回書くブログ

ツイッター@naoya_2288 「ツイッターに書くには長いけどブログに頑張ってまとめる程でもないな」という話をノンジャンルではてなに書きます。

『みよしの』に潜む危険な罠について語る。

食べ歩き

僕はみよしのが好きだ。

 

餃子とカレーのおいしい関係

札幌を中心に北海道ローカルの飲食チェーン店として愛されている。

パリッとして味がとても美味しい餃子と、相性バッチリなカレー。

 

そう

それがみよしのである。

f:id:naoya_160:20170228080557j:image

 

 

 

王将という黒船が内地から襲来した時も、「やっぱりみよしのの方が餃子美味いよね?」と道民に支持されて、気づいたらむしろ店舗数が増えていた。

帰る時にはレジの横に飴(昔はガム)が置いてあり、エチケット的なところも優しい。

店内は総じて清潔に保たれており、女性や家族客にも優しい。

 

 

そう

それがみよしのである。

f:id:naoya_160:20170228080557j:image

 

 

みよしのの売りは、餃子とカレー。餃子と、カレーなのである。

甘口と辛口を選ぶことが出来て、細かく刻んだ野菜とじっくり煮込まれたルーが美味い。

テーブルには酢、醤油、ラー油が置いてあり、好きな量を混ぜてタレを作って食べる。しかし通になると、餃子を箸で摘み、カレーのルーをどっぷりと付けて食べる。これだ。これなのだ。

中には大きめに盛り付けられたカレーの皿に、直接餃子が乗っかっちゃってて、完全にミックスされて出てくるメニューもある程だ。

定食メニュー用に、一口カレーなるサイドメニューもあり、100円で小鉢に入ったカレールーを味わえる。

 

食べ飽きせず、また食べたくなる、餃子とカレー。

 

そう

それがみよしのである。

f:id:naoya_160:20170228080557j:image

 

 

そろそろお気づきだろう。僕がさっきから載せている写真が同じものであると。

そして

カレーが一切出てこない事を

 

このメニューはジャンボ定食。

味噌汁、ごはん大、おしんこ(おかわり自由)、そして何より餃子が18個も付いてくる。

お値段は確か、750円くらい。

ラーメン一杯食べるのと同じか、少し安いくらいの値段で、お腹いっぱい餃子を食べさせてくれる。

正直に言おう。僕はこの、ジャンボ定食の魅力に勝てないのだ。

 

餃子とカレーの美味しい関係についてブログが書きたいのに、僕が注文するのはいつもいつも、ジャンボ定食、である。

食べ飽きせず、胃もたれもせず、美味い美味い餃子。一つでも多く食べたいあの餃子。そんな気分に苛まれた私は、目の焦点がジャンボ定食に吸い込まれてしまうのだ。

 

結果、

f:id:naoya_160:20170228082506j:image

ジャンボ定食

 

 

 

いや、今日はみよしののカレーが食べたい気分なのだ。餃子とカレーを天秤にかけたら、カレーに傾く気分なのだ。

だからみよしのセットにしよう。お盆にのせられて運ばれてくる、大皿に乗ったカレーと、奥の皿に乗せられた餃子。関係性は対等、いやむしろ、カレーの方が強いのではないか。

むしろカレーが食べたい、という今日の胃袋にはピッタリのメニューではないか。よし、今日はみよしのセットにしよう!

 

結果、

f:id:naoya_160:20170228082506j:image

ジャンボ定食

 

 

 

違うのだ!今日こそはカレーなのだ!先日はジャンボの誘惑に負けて気づいたら餃子をガツガツと18個も食べてしまったのだが、やはりカレーと絡めたい。

いやむしろカレー!久しく食べていない、あのみよしのの美味しい美味しいカレーが食べたいのだ!

そうだ、みよしのカレーが食べたい!

カレーカレー!カレーカレーカレー!

 

結果、

f:id:naoya_160:20170228082506j:image

ジャンボ定食

 

 

f:id:naoya_160:20170228083443j:image

餃子18個

 

f:id:naoya_160:20170228083456j:image

餃子18個

 

 

 

 

タレに飽きたら、コショウに付けて食べても美味しいです。

美味しい餃子と美味しいお米をたらふく食えるジャンボ定食。今晩ぜひ。

 

※3/15〜20に伊勢丹 新宿店で食べれるらしいので関東の方も✌︎('ω')✌︎

みよしの公式HP

ぎょうざとカレーなら「みよしの」