読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なおやが3日に1回書くブログ

ツイッター@naoya_2288 「ツイッターに書くには長いけどブログに頑張ってまとめる程でもないな」という話をノンジャンルではてなに書きます。

オール4番打者!どれを食べても美味い奇跡の中華料理屋さん〜札幌元町『中国日隆園』〜

信じられないほど入りにくい真っ赤な外観。

アホみたいに赤く色付けされた店内。

玄関で靴を脱いだ僕達は小声でこう言い合った。「地雷だろと思って入ったら店の中まで地雷じゃねぇか!」

これが、僕と友達が節目節目で訪れる様になる、中国日隆園 札幌元町店との出会いだった。

f:id:naoya_160:20170327235522j:image

 

 

今日はどこで飲もうか?

学生時代。僕と飲み友達の友人、男2人で札幌駅の飲み屋に通うのが常でした。たまたまその日は僕が無性に飲みたくなり、友人の住む家の最寄駅へ。それが地下鉄東豊線元町駅なのでした。

元町は飲み屋がそこそこある。チェーン店も幾つかあるんです。いろはにほへと、串鳥、金串とか。だから、最初はその辺を攻めてサクッと終わらせようとしてたんです。

色んな店を眺めながら通りを歩いていると、とある店の前にデカデカとしたした文字を見つけました。

 

食べ飲み放題2500円(ビール付き)

 

……これは惹かれる。貧乏学生にとって、腹一杯食えて腹一杯飲めて、そして安い。トリプルスリーが揃っていたのです。オッ、と声が揃い、2人で店を見上げて思いました。

 

f:id:naoya_160:20170328005154j:image

※写真はイメージです

なんだこの怪しげな外観は!!:(;゙゚'ω゚'): :(;゙゚'ω゚'):

中国感ありすぎて入りづらくない?しかし食べ飲み放題2500円は魅力、、、いやいやちょっと待て、逆に安すぎて恐い。どうだろう、恐いもの見たさで入ってみようか、、?

こうして、恐る恐る入店するのでした。

 

f:id:naoya_160:20170328005159j:image

※写真はイメージです。

うわ!!!!!店の中まで真っ赤!!!!!

しかも変な中国感のある装飾品が所狭しと置いてある!!!壁に貼ってある!!!!_:(´ཀ`」 ∠):_:(´ཀ`」 ∠):

脂汗がMAXに出てきた所で、玄関に立ち尽くしていた我々に店員さんが奥からやって来たのでした。

「いらっしゃいませー。」

うわ!!!!!

 

f:id:naoya_160:20170328002020j:image

※写真はイメージです。

チャイナ服のお姉さんめちゃくちゃ可愛いいいいいいい(*⁰▿⁰*)(*⁰▿⁰*)

一瞬でテンションMAX期待感MAXになった我々は、意気揚々と席へ案内されたのであります。

 

 

 

そして、例の2500円食べ飲み放題を注文。

「あの、、、本当に2500円で食べ飲み放題なんですか?全部?ビール付き?」

「はい、このメニューに書いてあるもの全部ですね」

「……90分でいいんですよね?」

「はい、グラス交換制ですので注意してください」

「お、おう、、、」

逆に注意を促す所はそこなのか……?という気持ちを抱えつつも、可愛いお姉さんから諸々説明を受けました。

そして、いくつか気になるメニューを注文。

f:id:naoya_160:20170329191621j:image

f:id:naoya_160:20170329191639j:image

メニューは裏面にもビッシリ書いてあるぞ。

f:id:naoya_160:20170329191710j:image

ビールは生ビール。この価格で……!

 

当たりなのか?ハズレなのか?(´・ω・)(・ω・`)

ドキドキしながらビールで乾杯。うむ、黒ラベルは美味い。ジョッキもしっかり冷えているのです。

そして、運命の一品目、豚の角煮が届いたのです。 美味い中華屋は角煮が美味い。身はホロリと柔らかく、香料がキツくなく、しっかりと味が染み込んだ、そんな角煮でなければ、我々は満足出来ませんよ………。

f:id:naoya_160:20170325180924j:image

f:id:naoya_160:20170325185133j:image

ふわふわトロトロうんめえええええええええ!!!!!(´⊙ω⊙`)(´⊙ω⊙`)

醤油ベースに、じっくり煮込まれてふわトロ、ぎゅっと身が締まっていて、口の中でポロポロと優しく零れ落ちる。すんげーーー美味いのです!

ビールと合わせるとまたうめええええええええええええ!!!!

おいおい、マジかよ美味いじゃねぇか、、、食べ飲み放題でこの美味さ味わったことないぞ、、、とヒソヒソ声で我々は話すのであります。

 

そして次に来たのはカニ玉。

しかし、カニ玉にはうるさい我々。ちゃんとアツアツ、ふわトロなのかどうか。この目は騙せませんよ。

 f:id:naoya_160:20170325191249j:image

f:id:naoya_160:20170325191520j:image

f:id:naoya_160:20170325191536j:image

f:id:naoya_160:20170325191554j:image

完璧だああああああああ!!!!しかもうめえええええええええええヽ(*^ω^*)ノヽ(*^ω^*)ノ

美味しい!これも美味しいのです!!

少しお醤油が強くて甘さは控えめ。ビールに合うのです!

 

 

 

その後も次々と注文した料理が届くのです。その度に、

食通気取りのネタフリ

ウマ---(°▽°)(°▽°)

ビールグビ-

の無限ループなのです!

 

f:id:naoya_160:20170325191856j:image

海鮮棒餃子!

皮パリパリうめええええええええええ!!!!

1本ずつ注文出来るのも優しいいいいいいいい!!!!!

 

f:id:naoya_160:20170325192007j:image

チンジャオロース!

ピーマンバクバク食えるうううううううう美味すぎんよおおおおおおおおおおお!!!

 

f:id:naoya_160:20170325192047j:image

エビチリ!

ふわあああああこれ美味いエビチリだあああああああああ!!!!!

 

f:id:naoya_160:20170325192134j:image

f:id:naoya_160:20170325192148j:image

エビチーズ春巻き!

アツアツでトロトロでエビの身がコロっと食感を変えて、これがビールに合ううううううううううう!!!!

 

f:id:naoya_160:20170325193025j:image

麻婆豆腐!

石鍋に入って出て来た!!!!

アツアツで、香辛料が効いてて、でもクセが強すぎずうめええええええええええ!!!!

 

f:id:naoya_160:20170325192244j:image

エビチャーハン!

あんかけもエビも卵もご飯も全てが最高の組み合わせたまらんんんんんんんんんんんん!!!!

 

この辺で僕らは一つの後悔していました。もはや必死に粗探しをしても美味すぎて見つからなからず、難癖レベルのクレームですが……。

この店どれ頼んでも量が多いのです!!!!

でも悔しいッ!!

美味いから全部食べれちゃうっっ!!

ヽ(*^ω^*)ノヽ(*^ω^*)ノ天国かよー

まさか、酒が飲みたくて店に入ったのに、美味い料理が食いたいからビールを抑える羽目になるとは思いませんでした。まったく、なんて天国なんだ。いや、なんて店なんだ。

 

腹が満杯に近づいて来た所で、僕らが締めに頼んだのは………フカヒレスープ!

f:id:naoya_160:20170325192807j:image

f:id:naoya_160:20170325193156j:image

 f:id:naoya_160:20170325193229j:image

わああああ

いやね、多分フカヒレではないよ?フカヒレっぽいやつだよ?

でも美味しいから関係ないんだよなーーーー!!溜まった腹に染みるうううぅ(*´ー`*)(*´ー`*)

 

 

2人とも完全に食い過ぎ。パンパンに膨らんだ腹、虚ろな目をしながら反省会。そして出た結論。

この店、全部が4番打者なのではないか?(゚ω゚)(゚ω゚)

他の店なら「この料理が美味い!」と有名になるレベルの料理。この店に来たら豚の角煮食べなきゃ、この店はチンジャオロースが美味いんだよ、そんなエースとなる料理。「あの店のアレが食べたい」でお客さんがやってくる、そんなメニュー。

しかし、この店は。そのエース級の料理がゴロゴロと並んでいて、しかも食べ飲み放題で出してくれるのだという事。

1〜9番まで、全員がホームランバッター。筒香を抑えたと思ったら、続いて中田翔、更にバレンティン、内川、新井さんと並んでいて、息つく暇がなく、腹パンパンでノックアウトさせられる。やべーよ、やべーよこの店。

 

本当にあの金額で良いのか?とびくびく震えながらレジへ行くと、チャイナ服のお姉さんが笑顔で「お二人で5000円です!」と言われホッと一安心。

「「また来ます!!!!!ヾ(๑╹◡╹)ノ"ヾ(๑╹◡╹)ノ"」」と言いながら意気揚々と店を出たのでした。

 

 

 

「美味かった………」

「美味かったな………食い過ぎたな………」

「誰だよ地雷とか言ったやつwww」

「馬鹿だろそいつwww頭悪いwww」

「また来よう」

「来週行こう」

そう言って別れたのでした。

 

腹パンパン、あまり歩きたくない僕でしたが、地下鉄元町駅の1番出口まで徒歩30秒。

「なんだよアクセスまで完璧かよ………。」そう呟いて、僕は家路に着くのでした。

 

中国日隆園 札幌 元町店(札幌市東区/中華) | ホットペッパーグルメ